人間ドックの血液検査と結果について|糖尿病の検査3

血液検査

糖尿病の精密検査

人間ドックで「血糖値が高い」といわれても、すぐに糖尿病と診断されるわけではありません。 もっとちゃんと精密検査をして糖尿病かどうかを調べる必要があります。

そこで出てくるのが「経口的糖負荷試験(OGTT)」です。 空腹時の血糖の値と経口的糖負荷試験(OGTT)の結果を組み合わせて糖尿病の診断をします。

経口的糖負荷試験(OGTT)

経口的糖負荷試験(OGTT) 難しい名前がついてますが、要はジュースみたいなブドウ糖を「ゴクゴク」と飲んでみて、飲む前と飲んだ後に時間を追って血糖値を調べ、血糖値の変化が正常に推移するかどうかを調べようという検査です。 (えっ!! ということは、何回か採血をしなければならないということ。。。ですよね^^;)

よくあるパターンは、空腹時に採血して血糖値を調べておいて、75gのブドウ糖を飲む。 その後「30分後・60分後・90分後・120分後」と時間をおって採血。 血糖値の上下動を検査します。

経口的糖負荷試験(OGTT)による糖尿病診断

正 常 : 空腹時血糖値が110mg/dl未満および糖負荷後2時間値が140mg/dl未満
糖尿病 : 空腹時血糖値が126mg/dl、または糖負荷後2時間値が200mg/dl以上
境界型 : 正常型と糖尿病のどちらにも属さない場合

検査項目と結果「血液検査」に戻る

------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

デメカル

脳ドック

------------------------------------------------------------------------

赤血球数(RBC) ・ ヘモグロビン(Hb) ・ ヘマトクリット(Ht) ・ 赤血球指数 ・ 
白血球数(WBC) ・ 血小板数(PLT) ・ 赤血球沈降速度(ERS)
カリウム(K) ・ ナトリウム(Na) ・ クロール(Cl) ・ カルシウム(Ca) ・ リン(P)
総コレステロール ・ LDLコレステロール ・ HDLコレステロール ・ 中性脂肪(TG)
空腹時血糖 ・ HbA1c(グリコヘモグロビン) ・ 経口的糖負荷試験(OGTT)
総蛋白(TP) ・ アルブミン ・ A/G比 ・ 尿酸(UA) ・ 尿素窒素 ・ クレアチニン
クレアチン ・ 総ビリルビン ・ GOT(AST) ・ GPT(ALT) ・ ALP ・ γ-GTP ・ コリンエステラーゼ ・ B型肝炎 ・ C型肝炎 ・ HIV ・ 腫瘍マーカー

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.