人間ドック 便検査(検便/OCヘモ)

便検査

人間ドックの便検査(検便/OCヘモ)

便検査 いわゆる検便というヤツです。。 血液検査や尿検査と同様に、人の「うんち」からも色々なことがわかるようです。以前は回虫とかサナダムシといった寄生虫を調べることが多かったようですが、最近の便検査は主に大腸がんなどの消化管の病気を調べる為に行なわれることが多いようです。大腸がんをはじめとする消化管のガンや、(大)腸炎、症などが起こると出血するケースが多く、便の中に血が混ざっているとこれらの病気を疑って精密検査を実施します。

OCヘモ検査

うんちの中に血液(ヘモグロビン)が混じっていないかを調べる検査方法の名称の一つです。以前の検査方法では、肉や魚など食べ物の中に含まれる血液成分でも陽性反応が出てしまい、検査前に食事制限をする必要がありましたが、最近の検査方法(OCヘモ)では人のヘモグロビンだけに反応するような精度の高い検査方法が実施されています。

この検査法は便潜血反応とも呼ばれ、ごく少量の出血でも発見することが出来るようです。ただ、大腸がんがあったとしても毎日必ず出血しているともが限らないため、2回法(2日間分の検査をおこなう)がよく用いられています。

OCヘモ検査時の注意点としては、痔がある方や大腸にポリープ(良性の腫瘍)がある場合でも便の中に血が混ざることがありますから、OCへモが陽性だったとしてもすぐに大腸がんというわけではないようです。逆に出血していないようなガンの場合は当然発見することはできません。

あと、容器に入れる便の量はほんの少しでいいようです。 中には容器からはみ出すほどの量を入れてくるケースもあるらしく、検査技師さんの悩みの種となっているそうですので、はみ出さない程度に入れておきましょう! (「少量でもちゃんと検査できます」と言ってました^^) あと、保存期間は冷暗所においておけば1週間くらいはOKです。

その他の検便

他にも検便では、ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)や寄生虫、細菌など様々な検査ができますが、人間ドックで実施されている項目は大腸がんの早期発見を目的とした便潜血反応が主のようです。

「人間ドックの結果と検査項目について」に戻る

------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

インターネットで予約が可能 ⇒ 人間ドックなら金内メディカルクリニック

脳ドック

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.