MRI&MRA

使用中

はい、今日のメインイベント。 本当はPETとも思ってみたのだが、安くても10万円くらいするようだし、放射性物質を体の中に注射するみたいなので・・・。ただでもCTでたくさん放射線を浴びているのと、やはり注射嫌いの私にはとても耐えられそうにないということもPETよりMRIを選んだ大きな理由だ。

MRIは、前もって問診表を書いた。 その内容には「脳にクリップは入っていないか?」とか、「刺青は入れていないか?」とか、「ペースメーカーは装着していないか?」・・・
その他にも「入れ歯」のことまで書いてあった。 でも何で刺青が関係あるのだろうか? スーパー銭湯じゃあるまいし。。。

ち ちょっと〜!

MRI&MRA

MRIの見た目は、さっきのCTとなんら変わらない。 ちょっと違うのは、扉が銀行の金庫室みたいに重厚で、より厳重な感じがするところくらい。 とはいっても、中をのぞくと非常に危険なニオイがプンプンしてくる。

「カーン カーン カーン・・・」 中から変な音がする。 部屋の中はちょっと涼しいような寒いような。。。  そして、またもベッドに寝かされて、「ちょっとうるさいですから・・・」 と、耳栓を渡された後に・・・

「えっ 縛っちゃうの・・・?」

体をベッドに固定されて、しかもヘッドギヤみたいなものを顔の前から「カチャッ」っとはめられる (マジ こわい・・・)

MRI&MRAは時間がかかる

MRI&MRA

MRIもCTと同じように、円筒状の中にベッドが電動で移動していく。 ただ、今度はさっきよりずっと狭い。 そして体も縛られるし、顔の前にヘッドギヤもかぶされている。 その前にはトンネルの内壁が迫ってきている。 頭の上(ベッドの進行方向)に出口が見え始めたときにベッドが止まった。

「いや〜!! こんなところで止めないで!!」

すごい圧迫感と、イヤ〜な音。 「カーン カーン カーン・・・」 大丈夫だろうか? まさか自分が閉所恐怖症だとは思っても見なかった。 というか、これでは誰もが恐怖感を抱くんじゃないのか? (MRIやったことがある方、いかがでしょう?)

「では、始めます。 20分くらいで終わりますからね」 「少しうるさいですがガマンしてください」  マイクから聞こえてくるが、反応しようにも体が動かない。こっちから叫んだところで、この分厚い壁を通して向こうまで聞こえるわけがない。(後で聞いたらマイクがついていたらしい)

最後には眠くなって・・・

まあ、ともかくやかましい。

「ガーン ガーン ガーン」 が続いたかと思うと、今度は「ビー ビー ビー」 さらに 「カンカンカンカン・・・」 まるで工事現場にいるようである。 耳栓が無かったら、すさましいなこりゃ。

MRI

でも、私の適応能力っっていったら、かなりのものでした。 だんだん慣れてきて、最後にはウトウトするほどまでに!  音はうるさいんだが、意外に心地よい感じもしてくるものだから不思議である。 そうこうしているうちに終了となった。

結果は2週間後とのこと。。。(どうだったんだろう?)

MRI

前のページへ次のページへ

インターネットで予約が可能 ⇒ 人間ドックなら金内メディカルクリニック
脳ドック

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.