人間ドックの血液検査と結果について|腫瘍マーカー

血液検査

腫瘍マーカーとは?

人間ドックの主な目的の一つに「癌(がん)を早期発見する」ということがあげられます。 よく人間ドックの血液検査で癌(ガン)がわかるといわれますが、これは腫瘍マーカーと呼ばれるものです。
それでは腫瘍マーカーにはどのような種類があって、どんなガンがみつけられるのでしょうか? そして、すべての癌を発見することが可能なのでしょうか?

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、一般的に癌の進行に伴って血液中に増加してくる成分(生体因子)のことを指します。腫瘍マーカーにもさまざまな種類があり、代表的なものはAFP(α-フェトプロティン)やCEA(癌胎児性抗原)、PSA(前立腺特異抗原)等ですね。

これらの腫瘍マーカーは、正常な人にも微量存在するのですが、癌ができると進行に伴って血液中に増加してくるといわれています。ですから、腫瘍マーカーはガンになった時だけでなく、炎症や正常の場合でも増加している場合があります。また、癌があったからといって必ずしも増加するとは限りません。

腫瘍マーカーは、がん患者さんの治療効果の判定や、再発の早期発見に使われることが一般的で、人間ドックではオプション検査として実施されている場合が多いようです。腫瘍マーカーが高いというだけで、がんの存在を判断できるものではないことを理解した上で検査をするかどうか判断されるといいでしょう。

腫瘍マーカーの種類について

腫瘍マーカーとその値が高い時に疑われる疾患をあげてみました。

腫瘍マーカー名 省略名 高値時に疑う疾患
α-フェトプロテイン AFP 肝細胞癌 卵黄嚢腫瘍 など
糖鎖抗原125 CA125 卵巣癌 子宮癌 膵癌 胆道癌 など
癌胎児性抗原 CEA 大腸癌 胃癌 膵癌 胆道癌 肺癌 子宮癌 卵巣癌 乳癌 など
サイトケラチン19フラグメント CYFRA 肺癌(特に扁平上皮癌) など
エラスターゼ I ElastaseI 膵癌 など
NCC-ST-439 NCC-ST-439 膵癌 胆道癌 胃癌 大腸癌 乳癌 肺腺癌 など
神経特異エノラーゼ(NSE)精密測定 NSE 肺小細胞癌 甲状腺髄様癌 褐色細胞腫 神経芽細胞腫 など
PIVKAII PIVKAII 肝細胞癌 など
ガストリン放出ペプチド前駆体 ProGRP 小細胞癌 など
前立腺特異抗原 PSA 前立腺癌 など
扁平上皮癌関連抗原 SCC 各種扁平上皮癌(食道癌 子宮頚癌 皮膚癌 肺癌 頭頚部癌 など
シアリルLex-i抗原 SLX 肺癌(特に腺癌) 膵癌 胆道癌 卵巣癌 大腸癌 など
シアリルTn抗原 STN 卵巣癌 膵癌 胆道癌 肺癌 胃癌 大腸癌 など
ヒト絨毛性ゴナドトロピンβ分画コア定量 βHCG 絨毛性疾患 卵巣癌 精巣腫瘍 など

検査項目と結果「血液検査」に戻る

脳ドック

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.