女性のための人間ドック(レディースドック)

レディースドックは女性専用の人間ドックです。通常の人間ドックで検査する項目以外に「女性特有の病気」を発見するための検査がプラスされていると考えればいいでしょう。
なので、残念ながら「女性ドックを掲げている人間ドックには男性受診者がいない」というわけではありません。中には、女性と男性を違うフロアに分けていたり、時間をずらして男女の受診者が一緒にならないような工夫をしているところもあります。

レディースドック

検査する項目は?

脳ドックと違い、レディースドックには関連学会によるガイドラインみたいなものが存在していないようです。一般的には、人間ドックのコースに以下のような検査項目が追加されるケースがほとんどです。

乳がん検査】
 ・視触診
 ・マンモグラフィー
 ・乳腺超音波検査(乳腺エコー検査)

【子宮がん検査】
 ・超音波検査
 ・腫瘍マーカー検査
 ・HPV(ヒトパピローマウイルス)検査
 ・子宮細胞診検査(頸部がん、体部がん)

【卵巣がん検査】
 ・超音波検査
 ・腫瘍マーカー検査

【感染症検査】(※オプション設定としている施設が多い)
 ・HIV検査
 ・性感染症(STD)検査(淋菌、クラミジア等)

【その他】
 ・骨密度測定
 ・甲状腺(甲状腺ホルモン TSH T3 T4 、超音波検査)

この他にも「ブライダルドック(結婚前チェック)」や、「不妊ドック」など女性の限定したさまざまな人間ドックが行われるようになってきています。

乳がん検査 乳がん検査

受けるにあたって注意することは?

レディースドックやブライダルドックを受けるにあたっては、産婦人科専門医、マンモグラフィ読影認定医等、専門の医師が常駐しているかどうかを予め確認した上で申し込みましょう。やはり、専門医がいる施設であれば安心して受診できますよね。

あとは、生理時は避けた方がよいです。乳がん検査や子宮がん検査だけでなく、通常の尿検査なども受けられませんので。

------------------------------------------------------------------------

rink

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.