良い人間ドックの条件とは?

数ある人間ドックや脳ドックの中から、良い施設を選ぶための条件を考えてみました!!

検査の信頼性

人間ドックは自分の体が「正常なのか?」それとも「異常があるのか?」 そして、もし異常があったなら「放置して大丈夫?」「お酒を控えた方がいいの?」「精密検査が必要?」「もしかして治療が必要?」「それとも癌なのか?」といったことを検査するわけですから、検査に信頼性が高い施設であることが「良い人間ドックの最低条件」といえるのではないでしょうか?

人間ドックで実施する検査は血液検査から始まってレントゲンやCT、MRI、心電図、エコー検査、内視鏡等、いろいろあります。最新の機械が揃っているからといって、その機械が正確なデータを出せないような杜撰な管理状態の施設はNGですね。

人間ドック職員

医療検査機器や検査方法は年々進歩して、いろいろなことが詳しくわかるようになってきているようですが、やはりこれを扱うのは人間です。国家資格を持っているお医者さんやレントゲン技師さん、検査技師さん、看護師さんですね。

最新の医療機器が「有る」「無い」の前に、採血した血液を他人のものと間違えたり、隣の受診者と間違えてしまうような施設はNGです。もちろん人間ですから間違いはありますが、間違えない仕組みがしっかりできている人間ドックを選びましょう。

また、せっかく正確な検査が実施されても、それを総合的な視点で判断するお医者さんが、豊富な知識や経験を持っている事、そして必要ならば専門病院へ紹介してもらえる(いわゆるセカンドオピニオンってやつですか!)人間ドックが良い人間ドックだと思います。専門医がいるような施設ならさらに安心ですね。

プラスアルファ

私の考える「良い人間ドック」の最低条件は「検査の精度や正確性」が保たれていて、さらに「質の高い医療技術者が揃っている」ことです。

最低の条件を満たしていれば、施設がキレイだったり、食事が美味しい、検査の待ち時間が少ない、終了までの時間がかからない。。。

といったプラスアルファの部分で選ぶのもいいですね。
もちろん、看護婦さんがキレイ(???) なんてことは二の次です ^^

------------------------------------------------------------------------

rink

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.