人間ドックの血液検査と結果について|GOT/GPT

血液検査

肝機能検査は人間ドックで大切な検査の項目です。血液検査で一般的に用いられる肝機能検査には「GOT」・「GPT」・「γ-GTP」・「ビリルビン」・「ALP」・「LDH」・「TTT」・「ZTT」などがあります。 

GOT(AST)とGPT(ALT)

GOTとGPTは血液で簡単に調べられる肝臓の状態を表す検査です。 GOT(AST)とGPT(ALT)は、ともに肝臓の細胞に多く含まれる酵素で、アミノ酸の代謝に関係しています。 ウイルスやアルコール等による肝炎といった肝臓の細胞が破壊される状態になると、細胞内のGOTやGPTが血液中に漏れ出して血液中の濃度が通常よりも高くなります。 そして、肝細胞の障害が強いほど血液中のGOTやGPTは高くなります。

また、GOTやGPTは、肝臓の細胞だけでなく心臓や赤血球をはじめとした体中の細胞に含まれる酵素ですから、これらの数値が高いからといってすぐに肝機能の異常と診断されるわけではありません。

GOT、GPTの正常値(基準値)

GOT(AST) : 35IU/l以下
GPT(ALT) : 35IU/l以下

GOT、GPTの数値が高い時に考えられる病気

ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、劇症肝炎、肝硬変、肝臓がん、
心不全、心筋梗塞、筋ジストロフィーなど

GOT/GPT比

GOTとGPTの比をとることにより、各種肝疾患のおおよその鑑別ができます

検査項目と結果「血液検査」に戻る

------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

デメカル

脳ドック

------------------------------------------------------------------------

赤血球数(RBC) ・ ヘモグロビン(Hb) ・ ヘマトクリット(Ht) ・ 赤血球指数 ・ 
白血球数(WBC) ・ 血小板数(PLT) ・ 赤血球沈降速度(ERS)
カリウム(K) ・ ナトリウム(Na) ・ クロール(Cl) ・ カルシウム(Ca) ・ リン(P)
総コレステロール ・ LDLコレステロール ・ HDLコレステロール ・ 中性脂肪(TG)
空腹時血糖 ・ HbA1c(グリコヘモグロビン) ・ 経口的糖負荷試験(OGTT)
総蛋白(TP) ・ アルブミン ・ A/G比 ・ 尿酸(UA) ・ 尿素窒素 ・ クレアチニン
クレアチン ・ 総ビリルビン ・ GOT(AST) ・ GPT(ALT) ・ ALP ・ γ-GTP ・ コリンエステラーゼ ・ B型肝炎 ・ C型肝炎 ・ HIV ・ 腫瘍マーカー

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.