内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡

人間ドックで内視鏡検査を受けてみました!

内視鏡検査には、食道や胃、十二指腸を検査する上部消化管内視鏡検査(通称「胃カメラ」:GIF)と大腸の内視鏡検査(CF)があるそうですが、私は胃ガンが心配なのと、たまに食道あたりに何か引っ掛かっているような感じがあるので、「GIF:上部消化管内視鏡検査」を受けることにしました。 大腸の内視鏡検査(CF)は、検便(OCヘモ)で大腸からの出血が陰性だったので今回はパス。。

最近の胃カメラは「鼻の穴」から入れて検査する「経鼻内視鏡」という、今までのものより細くて辛くないファイバーカメラが出てきていますが、この病院では検査範囲に制限があることや、ちょっとした麻酔を使うことで以前より楽に検査が受けられるようになったとの理由から、通常の口から入れるタイプを使用しているとのこと。。

前日

内視鏡は人間ドックを受けた後日に検査をしたため、また前日から準備が必要です。
(といっても、たいしたことではない ^^;)

午後9時以降に「食事はダメ」・「タバコはNG」・「水やお茶はOK」。あと、HIVやC型肝炎などに罹っていないかを調べる為の血液検査の同意書や、麻酔や胃の動きを抑える薬を使うので、これにも同意書や問診表があって事前に記入しておきます。
(アレルギーの有無や現在飲んでいる薬、病気歴、ごく稀に危険なことがある・・等)

準備ができたら、あとは起きていてもお腹が空くだけなので、早々に寝てしまうことに。。

内視鏡検査

検査当日、予約した時間に病院につくと、早速 内視鏡室へ案内される。 看護婦さんによる問診表のチェックと胃カメラの説明、血圧測定があり、「では、こちらへ〜 ^^」

(えっ、もうやるの??)

モニターのついた大きな機械の横にベッドがあり、そこに寝かされると・・・
まずは、小さいコップを渡されて、「胃の中の泡を消す薬です (はい飲んで!)」
これがまた、ドロっとしていてショッパイような・・・   とにかくマズイ!!

さらに・・・

「はい、ア〜ンして」 「ちょっと大きく口をあけて下さいね!」

こう言うと、おもむろに背中の後ろに隠し持った注射器を取り出し、素早く私の喉の奥に「生温かい接着剤のようなもの」を流し込んだ。。。
「これは、ほら、喉にそのまま胃カメラを入れると"オエッ"ってなっちゃうでしょ?」「それを抑える薬だから、喉の奥に入れたまま、5分くらいガマンしててね♪」

ちょうどその時、1つ衝立を隔てた隣から「オエ〜〜〜ッ!!!」っと大きな声が・・・

(ホントにコレ効くのかな。。。?)

気を取り直して、薬をノドの奥に溜めたままガマンしていると、だんだん喉の奥が痺れてきた。 また看護婦さんがやってきて、「じゃあ今のうちに注射の準備しとくわね〜♪」。おもむろに私の右腕をゴムで締め付けはじめる。

注射嫌いな人を、こんな身動きできない状態にしておいて、それはないでしょっ!!

えっ!? 胃カメラ ← もう終わったの

右腕に注射針を挿し込まれた状態で待つこと数分・・・・・・。

「そろそろ喉のお薬は飲んじゃって下さい♪」
「もし飲めなかったら吐いてもいいですよ♪」

いや、そう簡単に言われても。。。 すでに私の喉の奥はマヒ状態 (T_T) どうにかガンバって薬を飲み込む。口をゆすいだ水を飲むようで、ちょっと気持ち悪い。 そもそも、これ飲んじゃって、胃や腸は大丈夫なのだろうか・・・?

そこに担当の先生が登場!

スゴク感じのいいお医者さんで、簡潔・丁寧に検査の内容や、10分程度で寝ているうちに終わっちゃうこと。場合によっては「少し沁みたり」することもある等、わかりやすく説明してくれました。

「それでは始めますね!」
「眠くなる薬が右腕から入りますから、眠くなったら寝ちゃっていいですよ♪」

いや、そんな簡単には寝ないでしょ ^^;

その瞬間に意識が飛び、気がつくと 「検査終わりましたよ〜♪
看護婦さんの声。。。 

えっ もう終わり・・・

結果は?

ちょっと“ボー”っとした状態のまま、お医者さんから検査で撮った写真をみせられながら説明を聞く。

「食道には異常がみられませんが、胃にちょっと炎症がありますね。 ここにネコに引っ掛かれたようなキズがあるでしょ。 あと、十二指腸に“おでき”みたいなものがあったので、良性だとは思いますが念のため採取して、病理検査をやっておきますね。」

ともかく、ガンはなさそうで良かったです。 その後10分くらい休んで帰りました。
でも、あの注射、メチャクチャ気持ちよく眠れたなぁ〜!

検査項目・検査結果へ戻る

------------------------------------------------------------------------

rink

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.