人間ドックの血液検査と結果について|糖尿病の検査

血液検査

「おしっこ」にアリが群がる!!

古い昔、糖尿病の人の「おしっこ」に甘い糖分が混ざっていたことから付けられた病気の名前が「糖尿病」。 ところが、おしっこから糖分がでてくるのは病気がかなり進んでいたり、腎臓まで悪くなってきてからの話。 現在では、尿の中に糖分が含まれていなくても、血液中の濃度が一定以上高い場合に「糖尿病」と診断されます。

糖尿病は、症状が軽かったり、症状がなかったりすることから、知らないうちに進行していることが多いのも特徴の一つです。 私も今回の人間ドックで「糖尿病予備軍」といわれました。。。

血糖値

血液中の糖分の正体は「ブドウ糖」。 糖尿病では血液中の「ブドウ糖」の濃度が高くなるのです。 口から食べた糖分は腸で吸収され、その後、小学校で習ったように「ブドウ糖」に分解されます(いや〜 忘れてた。。。)。 

体の細胞が生きていくためには「ブドウ糖」が必要で、血液によって「ブドウ糖」が体の中の細胞に運ばれていくのでした(よね?)。 必要以上に「ブドウ糖」があると、これも体に害となるので、不要なブドウ糖を肝臓などに貯蓄しておくように、インスリンというホルモンが「すい臓」から出てきます。

つまり、血糖値は血液中の「ブドウ糖の濃度」で、これが上がり過ぎないように調節しているホルモンが「インスリン」。 「インスリン」が出なくなったり、または少なくなったり、出ているけれど血糖値を下げる機能を失ってしまった場合が「糖尿病」というわけです。
(なるほど〜!)

糖尿病は自覚症状がないことが多いのですが、知らずに放置すると動脈硬化が進んで「心筋梗塞」や「脳梗塞」の原因になったり、「失明」、「足の壊死」にもつながったりする恐ろしい病気です。

血糖値の正常値(基準値)

人間ドックなどの健康診断では、ご飯を食べない状態(空腹)で検査をします。 これは糖分を食べると、すぐに血糖値が高くなるから。 もう少し詳しく調べる検査に「HbA1c(グリコヘモグロビン)」とか「ブドウ糖負荷試験(OGTT)」なんていう検査もあります。

空腹時血糖 : 70〜110(mg/dl)

血糖値が高い時に考えられる病気

糖尿病です!

検査項目と結果「血液検査」に戻る

------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク



脳ドック

------------------------------------------------------------------------

赤血球数(RBC) ・ ヘモグロビン(Hb) ・ ヘマトクリット(Ht) ・ 赤血球指数 ・ 
白血球数(WBC) ・ 血小板数(PLT) ・ 赤血球沈降速度(ERS)
カリウム(K) ・ ナトリウム(Na) ・ クロール(Cl) ・ カルシウム(Ca) ・ リン(P)
総コレステロール ・ LDLコレステロール ・ HDLコレステロール ・ 中性脂肪(TG)
空腹時血糖 ・ HbA1c(グリコヘモグロビン) ・ 経口的糖負荷試験(OGTT)
総蛋白(TP) ・ アルブミン ・ A/G比 ・ 尿酸(UA) ・ 尿素窒素 ・ クレアチニン
クレアチン ・ 総ビリルビン ・ GOT(AST) ・ GPT(ALT) ・ ALP ・ γ-GTP ・ コリンエステラーゼ ・ B型肝炎 ・ C型肝炎 ・ HIV ・ 腫瘍マーカー

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.