人間ドックの血液検査と結果について|コレステロール

血液検査

コレステロールは、ヒトの身体の中で細胞膜に含まれたり、性ホルモンや、副腎皮質ホルモン等ステロイドホルモンの原料になったり、ビタミンD等身体を維持するためになくてはならない脂質成分です。コレステロールは、よく「悪者」扱いされますが、ヒトの身体には絶対に必要な成分です。

コレステロールは食事からも摂取されますが、じつは肝臓や小腸で合成されている量の方が多いといわれています。 血液中のコレステロールは単独で存在するのではなく、リポ蛋白という形で体の中を移動しています。リポ蛋白は比重によっていくつかの種類にわけられていて、次のようなものがあります。

・カイロミクロン
・VLDL (超低比重リポ蛋白)
・LDL  (低比重リポ蛋白)
・IDL   (中間比重リポ蛋白)
・HDL  (高比重リポ蛋白)

通常 総コレステロールといわれるものは、全てのリポ蛋白中に含まれるコレステロールを指します。

悪玉? それとも善玉?

一般的に人間ドックや健康診断などで「コレステロールが高い」といわれるのは「総コレステロール」のことを指しますが、総コレステロールの数値が高いからといって、すぐに心配する必要はありません。重要なのは「悪玉コレステロール」といわれるLDLコレステロールの数値です。

LDLコレステロールはLDL(低比重リポ蛋白)の中に含まれるコレステロールの数値のことを指します。LDLは腸や肝臓から身体の組織や細胞にコレステロールや中性脂肪などを運ぶ役割をしているのです。 つまり、LDLコレステロールが高いということは、血管や身体の組織にコレステロールが過剰に供給されて蓄積してしまうということになります。これが肥満や動脈硬化の原因となるわけです。 だから「LDLコレステロール = 悪玉コレステロール」

HDL(高比重リポ蛋白)の役割はLDLとは逆に、身体の組織や細胞からコレステロールを取り出して肝臓へ運ぶ役割をします。 HDLコレステロールが高いということは、不要なコレステロールを取り除いているということです。ですから善玉コレステロールといわれているのですね。

高コレステロール血症と診断

血液中にコレステロールが必要以上に多く存在する場合を「高コレステロール血症」といいます。高コレステロール血症になると、肥満、動脈硬化、肝障害、糖尿病になる危険性が 高まり、健康を損なう原因になります。

高コレステロール血症 ⇒ 総コレステロール値 220 mg/dl以上
高LDLコレステロール血症 ⇒ LDLコレステロール値 140 mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 ⇒ HDLコレステロール値 40 mg/dl未満
高トリグリセリド血症 ⇒ トリグリセリド(中性脂肪)値 150 mg/dl以上

HDLコレステロールは一般的に多い方が良いことになっていますが、100を超えるような場合は必ずしも安心できないと言われています。

高コレステロール血症にならないために

コレステロール 特に悪玉といわれるLDLコレステロールが高いと、動脈硬化を引き起こしやすく、動脈硬化は心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの原因になります。つまり、LDLコレステロールが高いとあなたの寿命が縮んでしまう恐れがあるので注意が必要なのです。高コレステロール血症の予防は、子供の頃からの食習慣と運動が重要。

検査項目と結果「血液検査」に戻る

------------------------------------------------------------------------

スポンサードリンク

デメカル

------------------------------------------------------------------------

赤血球数(RBC) ・ ヘモグロビン(Hb) ・ ヘマトクリット(Ht) ・ 赤血球指数 ・ 
白血球数(WBC) ・ 血小板数(PLT) ・ 赤血球沈降速度(ERS)
カリウム(K) ・ ナトリウム(Na) ・ クロール(Cl) ・ カルシウム(Ca) ・ リン(P)
総コレステロール ・ LDLコレステロール ・ HDLコレステロール ・ 中性脂肪(TG)
空腹時血糖 ・ HbA1c(グリコヘモグロビン) ・ 経口的糖負荷試験(OGTT)
総蛋白(TP) ・ アルブミン ・ A/G比 ・ 尿酸(UA) ・ 尿素窒素 ・ クレアチニン
クレアチン ・ 総ビリルビン ・ GOT(AST) ・ GPT(ALT) ・ ALP ・ γ-GTP ・ コリンエステラーゼ ・ B型肝炎 ・ C型肝炎 ・ HIV ・ 腫瘍マーカー

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.