血液検査について

血液検査

人間ドックに行ったとき、まず最初にされるのは、皆さんがイヤ〜な「採血」です。 でも、採血は人間ドックには絶対に欠かせない項目です。 なぜかというと、人の血液からは非常に多くの情報を得ることができるからですね。

採血は「看護師さん」もしくは「臨床検査技師さん」が行なうことが多いのですが、やはり中には採血が下手な人もいるようで。。 私のように血管の細い場合や、気温が低い時期などは1回で血液を採れずに「何回も針を刺された」なんてこともあって、同じような方には採血がちょっとつらいものです。 また、新人さんにやってもらうとなるとちょっと心配です。 というか、これだけは悩みの種です。 腕を「パシパシ」叩かれたりして。。。

採血

血液の話

血液検査

ヒトの身体は恒常性といって、常にいつもと同じような正常な状態に保とうという機能が働いています。 血液の中の成分も同様に恒常性によって一定に保たれているのです。 しかも、誰でも正常な血液成分の構成に違いが少ない。つまり、誰でも血液の中身は同じようなものなのです。

それが「基準値」とか「正常値」といわれるものです。 「基準値」から外れていると、「何か異常があるのではないか? 」ということが疑われます。

例えば「GOT」。GOTというは肝臓の細胞に多く含まれている酵素です。 血液中のGOTの値が高くなっているということは、肝臓の細胞が通常より多く壊れていると考えられます。 そこで、肝臓の細胞が通常より多く壊れているのは「肝臓の炎症」などを疑うのです。 ただ、肝臓の炎症といっても原因は様々ですから、これは人間ドックの範疇ではなく、一般的に保険診療で「精密検査」をすることになります。 (健康保険組合によっては2次検査を負担してくれるところもあります)

人間ドックで実施される血液検査項目

血液検査

一般的な人間ドックで実施されている血液検査 項目を挙げます。 もちろん受ける人間ドックやコースの内容によって、実施する検査項目数は多少上下するようですが、通常の人間ドックで検査ができる項目を挙げてみました。

血液検査
  赤血球数(RBC)ヘモグロビン(Hb)ヘマトクリット(Ht)
  赤血球指数
  白血球数(WBC)
  血小板数(PLT)
  赤血球沈降速度(ERS) 他

電解質(ミネラル分)
  カリウム(K)
  ナトリウム(Na)
  クロール(Cl)
  カルシウム(Ca)
  リン(P) 他

脂質検査
  総コレステロール
  LDLコレステロール
  HDLコレステロール
  中性脂肪(TG) 他

糖代謝検査
  空腹時血糖
  HbA1c(グリコヘモグロビン)
  経口的糖負荷試験(OGTT) 他

血中蛋白質
  総蛋白(TP)
  アルブミン
  A/G比  他

非蛋白性窒素
  尿酸(UA)
  尿素窒素
  クレアチニン
  クレアチン  他

肝機能検査
  総ビリルビン
  チモール混濁試験(TTT)
  硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)
  GOT(AST)
  GPT(ALT)
  ALP
  γ-GTP
  コリンエステラーゼ
  LAP
  LDH 他

感染症検査
  B型肝炎
  C型肝炎
  HIV
  梅毒検査  他

その他
  CRP
  リウマチ因子(RF)
  血液型  他

オプション検査
  腫瘍マーカー
  (CEA・AFP・CA19−9・PSA・CA125等)

検査項目・検査結果へ戻る

------------------------------------------------------------------------



人間ドックを探してみる! ⇒ こちらから

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.