人間ドックの血液検査と結果について|ビリルビン

血液検査

肝機能検査は人間ドックで大切な検査の項目です。血液検査で一般的に用いられる肝機能検査には「GOT」・「GPT」・「γ-GTP」・「ビリルビン」・「ALP」・「LDH」・「TTT」・「ZTT」などがあります。 

ビリルビン(Bilirubin)

ビリルビンは寿命になった赤血球が壊れて、中に入っていたヘモグロビンが分解された後にできるものです。ビリルビンは、肝臓から胆汁として十二指腸へ排泄されますが、赤血球の破壊が進んだり、肝臓で処理ができなくなってきた場合に血液中に増加してきますので、肝機能検査の一つとして用いられます。

血液中に含まれるビリルビン全体を総ビリルビンといい、肝臓で処理される前のビリルビンは間接ビリルビン、肝臓で処理された後のビリルビンを直接ビリルビンといいます。

ビリルビンの正常値(基準値)

総ビリルビン  : 1mg/dl以下
間接ビリルビン : 0.8mg/dl以下
直接ビリルビン : 0.2mg/dl以下

ビリルビンの数値が高い時に考えられる病気

間接ビリルビンが高い場合には赤血球が壊れる量が多い場合と考えられます。
溶血性黄疸、新生児黄疸、Gilbert症候群、Crigler-Najjar症候群U型、シャント高ビリルビン血症、心不全、Lucey-Driscoll症候群など

直接ビリルビンが高い場合には肝臓の病気や胆汁の通り道が塞がったりした場合と考えられます。
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、劇症肝炎、アルコール性肝炎、自己免疫性肝炎、薬剤性肝障害、急性脂肪肝、肝内胆汁うっ滞、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、閉塞性黄疸、肝膿瘍、ヘモクロマトーシス、Wilson病、Dubin-Johnson症候群、Rotor症候群、レプトスピラ症など

検査項目と結果「血液検査」に戻る

------------------------------------------------------------------------



人間ドックを探してみる! ⇒ こちらから

------------------------------------------------------------------------

赤血球数(RBC) ・ ヘモグロビン(Hb) ・ ヘマトクリット(Ht) ・ 赤血球指数 ・ 
白血球数(WBC) ・ 血小板数(PLT) ・ 赤血球沈降速度(ERS)
カリウム(K) ・ ナトリウム(Na) ・ クロール(Cl) ・ カルシウム(Ca) ・ リン(P)
総コレステロール ・ LDLコレステロール ・ HDLコレステロール ・ 中性脂肪(TG)
空腹時血糖 ・ HbA1c(グリコヘモグロビン) ・ 経口的糖負荷試験(OGTT)
総蛋白(TP) ・ アルブミン ・ A/G比 ・ 尿酸(UA) ・ 尿素窒素 ・ クレアチニン
クレアチン ・ 総ビリルビン ・ GOT(AST) ・ GPT(ALT) ・ ALP ・ γ-GTP ・ コリンエステラーゼ ・ B型肝炎 ・ C型肝炎 ・ HIV ・ 腫瘍マーカー

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.