アンチエイジングって何だ?

アンチエイジング! 誰もが歳はとりたくないものです ^^

アンチエイジングとは「抗老化」や「抗加齢」とでも訳すのでしょうか?
ともかく、いつまでも・何歳になっても「若く美しくいたい・健康で長生きしたい」と思いますよね。

一般的に「アンチエイジング」といえば、単に表面からみて「お肌がキレイ」だとか「しわが少ない」「見た目が実年齢より若い」というイメージがありますが、医学的な見地からみたアンチエイジングは、単に表面からみて「お肌がキレイ」だとか「しわが少ない」というだけのものではないようです ^^; 

アンチエイジング医学は「加齢という生物学的プロセスに介入を行い、加齢に伴う動脈硬化や、がんのような加齢関連疾患の発症確率を下げ、健康長寿をめざす医学である」

ちょっと難しい。。(‐”‐;)

アンチエイジング ドックの目的

心電図

加齢、老化が進むと「シワが目立ちますね〜」とか「お肌にハリがありません」「ぷるぷるコラーゲン、足りてないんじゃない?」というような表面的なことだけではなく、遺伝子に異変がおきたり、細胞の機能が低下する、フリーラジカルによって体が酸化する、免疫力が低下する、ホルモンレベルが低下する・・など、様々な変化が体の中で起きるそうです。

なので、アンチエイジングドックでは従来の人間ドックに加えて「血管、ホルモンレベル、感覚器の老化度チェック、活性酸素と抗酸化能バランスチェックなど 加齢によって体に生じる様々な変化、老化という兆候や症状について、早期発見、早期治療、生活指導を行うことが目的です。

近年はエイジングの予防をある程度実現することができるそうなので、老化の兆候を見つけて早い時期から対処したり、生活の質を根本的に変えていくためにサプリメント指導を含めた食事指導、運動指導、ストレスケアを行ってくれるのが「アンチエイジングドック」です。

検査する項目は?

エルゴメーター

アンチエイジングドックで実施する検査です。

1) 問診
2) 診察
3) 血液・尿・血液生化学検査
4) 血管年齢:加速度脈波・脈波伝播速度、IMT
5) 脳(神経)年齢:高次脳機能テスト(WCST等)
6) 骨年齢:骨密度(DEXA法、超音波法)
7) ホルモン年齢:IGF-I、DHEA-s、性ホルモン
8) 筋年齢:体組成検査(除脂肪筋量)、筋力評価
  ・・・など

------------------------------------------------------------------------

rink

------------------------------------------------------------------------

サイトMENU

Copyright (C) 2007 はじめての人間ドック体験記. All Rights Reserved.